FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロドル テクニカル解説 8月18日(火)

From:シュウ(維新の介の弟子)


おはようございます(^^)

最近、また体を鍛えようとジムに通っているのですが、
筋力検査?みたいなものをしてもらったら、
上半身の筋肉に比べ下半身の筋肉が弱いと言われました(´Д`)

やっぱりデスクワークばかりしてたら、
そうなりますよね。。。

下半身が弱いって言われると男として、
なんか大切なものをなくした感があるので
頑張って上半身の数値と同じにしてやります(`・ω・´)

4時間足

Snip20150818_1

長期ダウ(青)は安値を切り上げ高値更新中。
短期ダウ(緑)は高値を切り下げ、安値を更新してきました。

と言う事は短期のダウが再度上昇に転ずるまでは、
買いで攻めるのは危険ですね。

だからといって売りで攻めるのも、
長期の方向に逆らっているのでリスクは高いですが、
短期ダウのネックライン(短いピンクライン)を割ってきたので、
下位足でなら少しだけ取れるかもです^^

1時間足

Snip20150818_2

長期ダウ(青)は安値切り上げ高値更新中。
短期ダウ(緑)は高値を切り下げ安値更新中。

4時間足同様に長短のダウの方向が不一致です。

なので堅いトレードするのであれば、
しっかりと短期ダウが上昇に転じるまでは「待つ」が鉄板です。

個人的にはレートが意識されそうなレジサポライン(ピンクライン)を
割ってきたので下位足で少しなら取っていけるかもと思ってます。

ただ、上位足の方向に逆らっているので、
すんなりと下げてこない可能性もあるので取るにしても
十分注意が必要です(`・ω・´)

現在の相場状況(7:42)

4時間足は長短ともに買い優勢。

1時間足は長短ともに売り優勢。

そして5分足は長短ともに売り優勢。

下位足から売り勢力が徐々に強くなっていますね。
個人的にはショートエントリーの方が好きなので、
このまま下げてくれれば嬉しいのですが> < ただ現状は4時間足と1時間足が喧嘩してる状態なので、 相場環境的には良くないですね。 やっぱり4時間と1時間が揃わないと、 優しい相場にはなりにくいです(´Д`) ではでは〜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】