FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 9/7(月)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

先週は3日ほど休みをとったので
それなりに感覚が鈍っています(^^)

チャートとの対話が
とてもギコチナイ感じです。。。

しっかりエンジンを温めて
再度ローギアから
ゆっくり丁寧にギアチェンしていきます!

本日のポンド円の相場解説です

今日は週足もチェック
気になるラインに差し掛かったので下に記載
GBPJPYproWeekly 0907@
GBPJPYproH4 0907@
【4時間足】↓下降傾向(方向と心理は一致)
長期ダウ(青紫)は高値切り下げの下げダウ中
短期ダウ(緑)も同じく下げダウ中
20MA(青紫)は下向きで日足も下向き
BB(ボリンジャー)はエクスパンションから若干勢いが減速気味
日足はバンドウォークか
GBPJPYproH1 0907@
【1時間足】↓下降傾向(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)は下げダウ中です
短期ダウ(緑)も下げダウ中
20MA(青紫)は下向き
BB(ボリンジャー)は収束へ

=売買勢力=
4時間足長短とも売り方優勢
1時間足長短とも売り方優勢
現在(8:00)5分足長期売り方優勢で
短期が買い方優勢になってきました

☆いつもの通り
5分足が売り方優勢になれば
売りやすくなります
ただ「週足」をみると主要トレンドライン下限・節目にも
差し掛かっているので注意が必要です

デイトレ
*買い仮説*
上位足がしっかり売り優勢なので
売り目線は外せませんが
1時間足水色ライン➀を越えてくると
売りの手仕舞いが入る可能性があるので
1時間足20MAなどの傾きに注意しながら
まずはスキャルレベルでのトレード

*売り仮説*
もう一度先週末の安値を
叩いてくる可能性もあるので
その安値から引く「短期上昇トレンドライン」が引けて
来るようであれば
ライン割れもしくは節目割れで売り準備

指標発表⇒カナダと米国が祝日で休場 イベントは特になしです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】