FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロドル テクニカル解説 9月10日(木)

From:シュウ(維新の介の弟子)


おはようございます(^^)

昨日、維新の介さんの教材を
色々と読み直していたのですがまた新たな気づきがありました。

それ以前に教材は何十回も読んでいたので、
理解してた気になっていたのですがダメですね> < 良い勉強になりました(`・ω・´) では今日の相場解説です^^ 4時間足 Snip20150910_2

長期ダウ(青)は安値切り上げ高値更新中。
短期ダウ(緑)は高値切り下げ安値切り上げ中。

MACDルールは不成立。

昨日は一旦下げそうな雰囲気だったのですが、
見事に週足のMA(緑)に止められました。

そして再度上昇してきましたが、
次は日足MA(赤)に止められています。

こういう各期間のMA同士の間にレートがあって、
尚かつその幅が小さい所はレートがかなり荒れやすく、
こういう所でトレードを繰り返すと
損切られまくるので注意(`・ω・´)

最低でもどっちかに抜けるまで「待ち」が安全です。

1時間足

Snip20150910_3

長期ダウ(青)は高値切り下げ安値更新中。
短期ダウ(緑)安値切り上げなき高値更新中。

MACDルールは上昇で成立しそうですが、
すぐ上に日足MAと意識されそうなレジサポライン(ピンクライン)
があるのでそこをしっかりと抜けるまでは、
買っていくのは難しいですね。

ただ短期ダウが安値を切り上げずに高値を超えてきたので、
抜けたとしても一旦大きく戻す可能性も十分にあるので、
注意が必要です。

現在の相場状況(7:47)

4時間足は長期的に売り優勢ですが、
短期的には買い優勢です。

1時間足は長短ともに買い優勢。

5分足も長短とも買い優勢です。

全体的に上げ傾向にあるみたいですが、
1時間足で書いたレジサポをしっかりと超えるまでは
再度下げてくる可能性も十分にあります。

くれぐれも抜けるだろうでエントリーは危険です。
師匠がよく言っている「抜けてから考える」ですよ^^

ではでは~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】