FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 9/15(火)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

昨日も損切りを重ねながらのトレード
(欲張って早めのエントリーで待っていない)
慣れているとはいえ、未だ辛い瞬間です。。。

ただ「心の底から」これを「損切り=コスト」と思えれば
屁の河童なんですけどね(^^)

でも一番は「待つ」ことですね。

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0915@
【4時間足】⇒持ち合い傾向(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)は下げダウ継続
短期ダウ(緑)も下げダウ中です

20MA(青紫)は横ばいで日足は下向き
BB(ボリンジャー)は収束へ日足はも収束
GBPJPYproH1 0915@
【1時間足】↓下降傾向(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)は下げダウ中
短期ダウ(緑)は高値切り下げなき安値更新で
その分戻していますね

20MA(青紫)は下向き
BB(ボリンジャー) は勢いは減速しています

=売買勢力=
4時間足長期は売り優勢で短期は買い優勢
1時間足長短とも売り優勢ですがちょうど
長短が重なりそこにレートいる状態です
抜ければすぐ長短買い優勢へ
現在(8:30)5分足長期は売り優勢で
このラインに頭を抑えられている状態
短期は買い優勢

☆短期的には売り目線ですが
1時間足長期のラインをしっかり越えれば買い目線になるので
今は「待ち」です

デイトレ
*買い仮説*
1時間足ピンクライン➁をしっかり越えてくれば
買いエリアになりますが
1時間足短期ダウの安値切り上げ等を確認したいですし
1時間足で見る各MAが良い状況ではないのでしばらくは「待ち」です

*売り仮説*
1時間足ピンクライン➁付近でアタマを抑えられているので
ここでレートが溜まって
高値切り下げ&ネックライン割れなどあると
下落する可能性があり注目です
下値は昨日の安値付近

指標発表⇒本日イベント多数有り 国内では正午すぎ 15:30

ポンド圏 17:30 ユーロ圏18:00 21:30 要注意 23:00注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】