FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 9月29日(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

ちょっと用事がありまして
いつもより1時間早い更新です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールはかろうじて下で成立?
微妙なところです

長期(青)はダブルトップから安値(ネックライン)割れ
高値切り下げ待ちだけれども
ネックラインをちょっと上回った

ここからラインをサポートとして反転上昇したら
そこは買っていきたいところだけれども
移動平均線方向へと昨日は順当に下げ

短期(緑)は
高値更新からいっきに安値更新

方向感が非常につかみにくい相場ですね

さて
さらに短期で高値を切り下げて
長期の高値切り下げを確実なものとして
さらに下げていくのでしょうか?

それとも
今後短期(緑)で安値を切り上げ
長期レベルの安値切り上げをさらに確定させて上昇に転ずるのでしょうか?

ダウと上位足からのトレンドを見てやることによって
丁寧に対応していくことが求められます

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは・・・
これもまた微妙なところ(^^;)

長期(青)は上昇ダウから
高値切り下げなき安値更新

つまり上昇トレンドが崩れたという状態です

昨日上昇トレンドラインを割って
若干リターンムーブ(プルバック)がありましたが
その後大きめの戻しになっています

ということは
意外とこのトレンドラインは注目されてる?

ではここで高値切り下げを確定したら
逆に下げが獲りやすくなるかも

でも日足は下げトレンドで
4時間足は安値切り上げつつある状態ですので
昨日に続き少々難しい相場になる可能性大

では現在(7:38)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

対して1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

めっちゃイヤ(笑

5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢なので
下位足から徐々に買い優勢相場となっているわけで

でも4時間足は・・・

というわけで
けっこう注意しなければいけない相場です

明確なトレンドと
「値動きを根拠とした」わかりやすいエントリーのタイミング

この2つをしっかりと意識したトレードをしてください。

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】