FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 10月22日(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
頭がトレンドラインにおさえられていますねー

長期(青)は上昇ダウ
短期(緑)も上昇ダウ

目線は買い・・・のはずではあるのですが
トレンドラインにおさえられてなかなか伸びません

そもそも日足レベルの三角保ち合いの中ですし
その状態で
さらに短期的に下げトレンドラインにおさえられ
上昇トレンドラインに支えられてます

大きな三角の中にさらに小さな三角が・・・
こりゃきびしい(^^;)

もちろんこの状態でも
ちょこちょこ獲ってはいけるけど
かなり難易度は高くチャンスも少ないので注意が必要

まぁなんていうのかな

とにかくどっちかに抜けて?(^^;)

朝ポジったら
そのまま半日安心して放置できるような相場を望む(^^;)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ

でも短期(緑)は
上昇ダウがゆるやかになり
そして直近安値割れ

つまり次は
短期(緑)レベルの高値切り下げ待ち

ただ直近安値は割ったけど
ちょっと変則的なチャートの形なので
もう1つ気になる安値が存在します

この安値も割ってこないと
下げてはこないかな?

上昇トレンドラインも気になりますしね

では現在(8:34)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

1時間足は
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

5分足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足を挟んで
上下の足が引っ張りっこって感じです

相場は綱引き
よく言われることです

何がどうなったら買いが勝ち売りが勝ち
これを決めることが
トレーダーとしての基準ですよ(^^)

その基準がルールってやつですね

私の場合は
その基準はダウ・ジョーンズさんが決めてくれたので
それに従ってます(笑

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】