FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 12月3日(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは崩れてきました
長期(青)は下げダウを築いています

ですが短期(緑)は
チャネルライン下限から安値を切り上げ高値を更新

そしてチャネルライン上端に到達

さて
抜けてくるか戻すか・・・

日足を見る限りでは
まだ下げの中の単なる戻しにしか見えませんので
再度下げてくる可能性は十分にあります

ただ
もうちょい上を試してからの下落のほうが(数十ぴぴくらい?)
素直に下げやすいかも

もちろん下げることが前提ではなく
一度下げても
その後再度短期レベルの安値の切り上げがあれば
それはそのまま長期の安値切り上げにつながり
さらに大きく上げてくる形になってきますし

短期(緑)が上昇ダウを築いている以上
短期的には買い目線です

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立ですが
長期(青)は上昇ダウ継続

動画のほうでお伝えしたと思いますが
やはりライン内で上下しましたね・・・(^^;)

短期(緑)はいったいどっち向いているんだか・・・

ですがチャートしては案外素直だったので
デイトレレベルであれば獲りやすい相場でした
(利幅は少ないですが・・・)

とりあえず短期(緑)は高値を更新しているので
安値切り上げ待ちですが

前回から長期(青)はほとんど高値を更新しなかったことと
上位足のチャネルライン上端にレートがあることを考えたら
買っていくにはちょっと気を付けないといけないポイントです

上げ止まりの形を築いたら
いきなり下げてくることもあり得ますので注意

とは言っても
昨日の保ち合いの下限を割ってこなければ
本格下げにはなりづらいと思いますが・・・

では現在(8:41)の相場状況です

4時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢になりつつあります

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

というわけで
とりあえず買い目線
でも長期的には売り目線が崩れていないので
買っていくには節目節目でかなり注意が必要

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】