FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロドル テクニカル解説 12月21日(月)

From:シュウ(維新の介の弟子)


おはようございます(^^)

今週はクリスマスですね^^
クリスマスの週は動かない事も多いので、
エントリーはいつも以上に引きつけないとしんどいかもですね(´Д`)

ではさっそく今日の相場解説です^^

4時間足

Snip20151221_1

長期ダウ(青)は高値切り下げ安値更新中、
短期ダウ(緑)は安値切り上げ高値更新中。

MACDルールは不成立。
長短のダウは不一致です。

意識していたレジサポライン(ピンクライン)付近で
短期のダウが安値を切り上げて高値を微妙ですが更新してきました。

このまま20MA(青)も超えてくれば、
下位足であれば少しだけ買っていけそうな相場になるかもですね^^

ただし現在レートは4時間足だと各期間の移動平均線に挟まれた場所に位置しており、
すんなり伸びやすい相場ではないので注意です> < 1時間足 Snip20151221_2

長期ダウ(青)は高値切り下げ安値更新中、
短期ダウ(緑)は安値切り上げ高値更新中。

MACDルールは不成立、
長短のダウの方向は不一致です。

長期的にはまだ下げダウ中ですが短期ダウは安値を切り上げて
高値更新をしてきました。

長期が安値を切り上げていない場合上げてもストンと落ちてくる事も多いので、
今の環境だとエントリーしても決済はスキャル、デイトレレベルが限界ですね(´・ω・`)

個人的にはあんまり無理して入る相場環境でもないので、
もう少しわかりやすくなるまで様子を見たいと思います^^

現在の相場状況(7:56)

4時間足、長期的には買い優勢、
短期的には売り優勢。

1時間足、長期的には売り優勢、
短期的には買い優勢。

5分足、長短ともに買い優勢。

4時間と1時間、どちらも基準線転換線の間にレートは位置しており、
さらに方向が反対と言う事は完全にレンジ相場です。

こんな状態だとデイトレやスキャルすらもやりにくいので、
動き出すまでチャートは見ないでおこうと思ってます(´∀`)

ではでは~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】