FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 5/11(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立

長期(青)は上昇ダウですが
先日からお伝えしている理由により
少々上値が重たくダイバージェンス発生

短期(緑)も上昇ダウですが
同じく上値が重く
もちろん4時間足に上昇「勢い」はなく
日足の上昇「勢い」も半減してきました

というわけで
ここらでいったん大きく利益確定の動きが入る可能性がでてきましたが
当然現在の動きは
日足レベルの単なる押し目と考えることができますので
しっかりとネックラインを割ってくるまでは
あまり下げ相場だと認識しないほうがいいですね

基本は上昇ダウが継続している限りは
上昇トレンドです

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ継続

短期(緑)は下げていたのですが
先週末の雇用統計で大きくぶれました

でも結局
先週引いておいたピンクラインの間
つまり方向がハッキリしづらいところで
行ったり来たりしただけでした

サポートラインを少し割ってきましたが
上昇部分を見ても小さな上昇起点がいくつもあり
明確に「ここ!」と言えるラインが引きづらい状況です

下げるとしても
小さく上限しながらの可能性が高いので
次の目標値が遠いと思われるラインを割ってくるまでは
スキャルレベルのトレードのほうがよさそうです

もちろん長期的には上昇ダウを築いていますので
相場が買い方に偏ってきたら買っていくことも考えます

では現在(8:38)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢

でも1時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢・・・

この時点でトレードしづらい(笑

5分足も長期短期ともに売り方が優勢です

ってことは目先スキャルレベルでは下げ
1時間足レベルで買い方が優勢になれば
ゆっくり買っていくのもあり
そんなところですね

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】