FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 1月6日(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続
短期(緑)も下げダウ継続

というわけで売り目線

ですがサポートラインに到達して
そこで急反発していますね

さて
日足にはまだ下げ「勢い」があり
レートも-2σよりも外

すぐに直近安値を割ってくれば
まだ下げる可能性は当然あります

ただしデイトレをするのであれば
急落のあとの戻しは少し獲りにいきたいところ(笑

下位足で安値を切り上げて
さらに下位足で直近高値を更新したら
少し獲りにいくのは可能です(←私の得意パターン)

でも上位足から下げているので
基本は売り待ち

1時間足で戻したところ
そして5分足で下げトレンドに転換したところ

でもサポートラインが有効に働いたので
下抜けするまでは伸ばすのは注意

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウ

ユロ円やユロドルあたりは
根こそぎ獲りにいくことができる下げでしたね

でも4時間足の下げ「勢い」が半減しつつあること
サポートラインに到達していること
1時間足では完全に収束していることから

短期的な安値切り上げ等があれば
手仕舞いの買い注文がかなり入るかもしれません

では現在(8:42)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢

5分足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

昨日と同じく
再度売り方が優勢となれば売っていけるか?

短期的に売り方が優勢となったところで売って
そして短期的に飼い方が優勢となったところで利確していれば
昨日は根こそぎ獲れたパターンでしたからね(^^)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】