FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロドル テクニカル解説 1月13日(水)

From:シュウ(維新の介の弟子)


おはようございます(^^)

ユーロドルなかなか下げませんね〜
各通貨も微妙な感じになってきたので、
今週は遊び週にしようかな(´∀`)笑

ではさっそく今日の相場解説です!

4時間足

Snip20160113_3

長期ダウ(青)は高値切り下げ安値更新中。
短期ダウ(緑)は安値切り上げ高値更新中。

MACDルールは微妙ですが下で成立。
長短のダウは不一致です。

相変わらずレートは②のレジサポラインを超えずに停滞しています。
移動平均線やダウの方向から考えると下に抜いてくれば、
比較的売りやすい環境になりそうですね^^

逆に買っていく場合は、
②のレジサポに張り付いてしっかりと反転したタイミングであれば、
トレードできるかもです。
(方向に逆らうのでおすすめではないです(´Д`))

1時間足

Snip20160113_4

長期ダウ(青)は安値切り上げなき高値更新中。
短期ダウ(緑)は高値切り下げ安値更新中。

MACDルールは下で成立。
長短のダウの方向は不一致です。

昨日は一瞬下げるかなという動きがありましたが、
4時間足のボリンジャーバンド2σとレジサポが重なるラインに跳ね返されて
再度レンジ内に戻ってきました。

現状ははっきり言ってごちゃごちゃで安全にトレードできる環境ではないので、
レジサポライン①か②どちらかに抜けるまで様子見が一番かなと思います。

現在の相場状況(7:28)

4時間足、長期的には売り、
短期的には買い優勢。

1時間足、長短ともに売り優勢。

5分足、長短ともに売り優勢。

売り優勢に見えますが、
持ち合い中の偏りなのでしっかりと抜けてくるまでは、
放置系は難しそうですね> < ではでは~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】