FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 2月1日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げなき高値更新
(※安値切り上げたと認識できないこともない?)

そのため若干不安定な上昇
大きな下落もあり得るので注意

日足へと上昇「勢い」を波及させて
短期(緑)は上昇ダウ継続中

下落前の高値ラインが集中している付近で上昇頭打ち
そしてこのポイントは
日足レベルの下げトレンドライン到達でもあります

ここらへんの理由からも下落注意

下位足で下げトレンドの形を築けば
それなりの値幅で下げる可能性もでてきました

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールはギリギリ成立
ただし日足MA(水色)がまだ水平なので
とりあえずいったん戻してくる可能性も高い

長期(青)は上昇ダウを築いているが
短期(緑)は高値切り下げの安値切り上げ
調整局面か?

今後さらに上昇のための力を蓄えていると見ることもできるし
わかりやすい注文の集中ラインを下辺に作ってしまえば
割ってきたときに下落しやすくなります

上昇が強いため
一度休んでさらに上昇か?

日足レベルの下げトレンドラインにおさえられて
下落のタイミングを計っているのか?

そこらへんを意識しておくと楽しそう(^^)

では現在(8:36)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
まだ下げ圧力を内包しています

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足は
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

ここで5分足が長期的にも売り方が優勢となってしまえば
上値に抵抗があるぶん下げやすくなります

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】