FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 5/19(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは上で成立しつつありますが
まだ週足MA(水色)が上を向いていないため
比較的大きく下げてくる可能性があります

長期(青)は上昇ダウ継続
ですが先日からお伝えしているように
上値目標値に到達

抜けてからさらに上昇するか
一度手仕舞いの売りが入るかが見どころ

とりあえずは
ちょっと手仕舞いの売りのほうが優勢のようですね(^^)

ただ長期短期ともに上昇ダウであり
高値を切り下げたわけでも
ネックラインを割ってきたわけでもないので
買い目線は継続しておいたほうがよさそうです

ただし下位足では売り方が優勢になりつつありますので
大きくな損益分岐点を割ってきたら
デイトレレベルであれば売り目線にしておかないと
ちょっともったいない獲り逃しができるかも

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは上で成立していたものが崩れてきました
長期(青)は上昇ダウ継続ですが
短期(緑)は高値切り下げで安値も更新
下げダウです

しかも抵抗となるラインで
結局抜けきらず
反転して下げてきたあとの高値切り下げですから
昨日の後半はもう下げ相場で決定です(^^)

ただここから本格的な下げになるには
一度長期(青)レベルで高値を切り下げるか
わかりやすいネックラインを割ってくるまで待ったほうがいいですね

また現在
損益分岐点でちょっと下げ止まっていますので
昨日の下げの手仕舞いの買いが入る可能性もあります

では現在(8:39)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢

1時間足は
長期的な損益分岐点に到達
そしてはね返されているところ

もちろん短期的には売り方が優勢なので
長短の方向が違い
レートがこのエリアにいる間はちょっと難しい相場になる可能性が高いです

5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢なので
これが逆転するまでは
1時間足の長期でも売り方が優勢になる可能性がありますので注意

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】