FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月15日(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
ですが
長期(青)は上昇ダウを築いています

ただ週足と日足の方向が一致していませんので
買う場合はリスクは高いですね

短期(緑)は
コチラも上昇ダウ継続ですが
現在のレートは直近安値付近であり
下抜く可能性にも注意

そうなると小さなヘッド&ショルダーズ
前回の長期高値(青)くらいまで下げてくるか?

ただし
今すぐに下抜いた場合は
4時間足のMA(青)が上昇中のため
ネックライン付近まで戻す可能性大

もちろんこのサポートラインに支えられ
下抜くことなく反発上昇もあります

ただ上抜いても
再度強力な抵抗線がありますが・・・

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウ継続

でも短期(緑)は下げダウ中

そして直近安値を下抜くことによって
ヘッド&ショルダーズのネックライン下抜け

でも4時間足のMA(赤)が上昇しているので
すぐ下のサポートラインで反転してネックラインまで戻すか?

その4時間足MA(赤)が水平気味になるまでレートがレンジれば
下抜けした場合スムーズに下げやすい

もちろんここで
短期レベルで安値を切り上げる場合は再度買い目線

では現在(8:35)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
まだ下げ圧力を内包しています

そしてレートは
4時間足の長期損益分岐点上に停滞しており
一度下げたいのかなかなか上昇に転じません

1時間足は
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢です

5分足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

再度短期的に売り方が優勢となれば
下げ継続の可能性あり

ただ4時間足では長期損益分岐点に支えれていることも忘れずに

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】