FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月30日(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

【3月30日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ継続

短期(緑)も上昇ダウですが
長期(青)直近高値付近で停滞中

ここで抜けずに
一度小さく戻してそこから上抜けしてくれたら
上昇しやすい形になりそう

もちろんライン際で停滞し「続け」てから上抜いても
そのまま上昇しやすい

そして当然のことながら
昨日の夜中につけた安値を割ってきたら・・・

手仕舞いの売りが入りやすい

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法

MACDルールは上で成立
長期(青)はゆったりと上昇ダウ

短期(緑)はわずかに安値を割ってしまい
高値も現時点で更新していませんので
頭打ちか?

昨日動画で
抵抗帯になるとお伝えしましたが
やはり抜けるのが難しかったようです

また
ドル円は下落でユロドルは上昇でしたので
合成通貨であるユロ円は難しくなりがちでもありますね

さて
このまま高値を抜けなければ
短期レベルで2回ほど安値をつけたラインを割ってくれば
手仕舞いの売りが入ってくる可能性があります

日足を見たらわかると思いますが
この高値を抜けて来たら(※確定させたら)
しばらく買い方が優勢の相場が続きそう

では
現在(8:37)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足もやっぱり
長期的にも短期的にも買い方が優勢なのですが
下げ圧力を内包してきました

つまり下位足から上値が重たくなりつつあるということですので
買っていくには再度注文が集中するラインを抜ける必要がありそう
(※↑この考え方重要)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】