FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月31日(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは不成立
長期(青)は高値更新してきましたね

ということで上昇ダウ継続です

ですが週足の移動平均線(水色)がまだ下げていますので
(※チャート上方に隠れています)
高値ブレイクを手放しで喜べる状態ではありません

大きく上昇したとしても
その後急落につながることがあるので注意

上昇→戻し(下げ)→ブレイクラインで止まる→再度上昇

この流れに乗ってほしい(^^;)

それが「日足レベルで確認」される動きであれば
その後比較的安定した上昇が継続しやすくなります

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法
MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ継続

短期(緑)は前回の安値で支えられて上昇

そのまま高値を更新したのですが
あまり大きく伸びることなく
短期(緑)レベルで高値切り下げ・・・?

まだ確定ではありませんが
ちょっとイヤな動き

更新した高値ラインで反転上昇してくれたら嬉しいんですけどね
下位足の動きに注目です

1時間足レベルで
小さいとはいえ認識できるレベルで高値を切り下げ
そしてネックラインを割ってきたならば
デイトレレベルであれば少し獲っていくことも可能かも

でも反転下落する理由(根拠)が
上位足から見てもちょっと薄いので
リスクは高いかもしれません

では
現在(8:34)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足は
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

これで長期的にも売り方が優勢となってしまうと
1時間足で上げ止まりにつながりかねないですね

しかし支え切られて
再度買い方が優勢となれば
まだ上昇可能性があります

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】