FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 5/22(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

1日人間ドッグに行っていました

結果・・・

うん
悪玉コレステロールがね・・・(-_-;)

けっこう食生活は気を付けてるんだけど
ストレスがたまるとやっちゃうんです(-_-;)

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは上で成立しかけていたものが
今度は下で成立しかけています

ただ
まだ長期(青)は上昇ダウを築いていますね

でもその長期(青)は
高値は更新し続けていますが
連続してダイバージェンス発生
上値が重いことを示しています

日足の上昇「勢い」は収束し
4時間足にいたってはMA(青)は下げています

ここで日足(赤)方向へと再び上昇するのか
日足も下げ方向の週足MA(水色)に負けて下げてくるのか
その綱引きが行われている最中ですね

我々個人トレーダーは
そういった綱引きに参加するには微力すぎますので(^^;)
勝ったほうに便乗すべく日和見のコウモリを決め込むのが一番(笑

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げてきましたね
もちろんまだ安値を更新していませんので
注意は必要ですが
上昇はひと息ついたのかな?

でも短期(緑)が上昇ダウ継続
まだ高値切り下げも安値更新もしていませんので
安易に売ると危ないですね

さらに上位足が綱引き状態ですからね(^^;)

上位足の綱引きの勝ちが決定して
下位足(トレード足)でも同方向に勝ちが決定した瞬間にトレード
トレードはこれでOK(^^)

その勝敗決定ラインが
上位足と下位足で同じであれば
抜けた瞬間に大きく動く

この原理原則さえわかっていれば
トレードは本当に簡単なんですよ(^^)

では現在(8:39)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

1時間足は長期的には売り方が優勢
そして短期的にも売り方が優勢

5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢

つまり下位足ほど売りが強く
上位足はまだ悩んでいる状態

だからあまり長時間保有はしないほうがいいですね

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】