FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 4月12日(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは下で成立
長期(青)は上昇ダウから
高値切り下げなき安値更新

短期(緑)も下げトレンドを築いていたのですが
安値切り上げの高値切り下げで三角保ち合い

下抜けでさらにトレンド継続か?

でも下抜けたとしても
すぐに日足レベルの安値に到達するため
相場環境としてはあまりよろしくないですね

その安値を割ってくるまでは
下位足のみでのトレードのほうがよさそう

でも三角保ち合いだからといって
売り目線だけではもったいない

三角保ち合いってことは安値を切り上げているということ
では直近高値を更新したら?

トレンド転換につながります

そのときに移動平均線が水平気味になっていれば
下位足では少し買っていける相場になることが多いです(^^)

リスク高めですが(笑)

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法

MACDルールは下で成立していたものが崩れつつあります
長期(青)は安値切り上げの高値切り下げ

見事な三角保ち合い

下抜けしたら
これはトレンド「継続」のチャートパターンなのですが

三角ってことは安値を切り上げてきているということなので
それはつまり
直近安値がたくさん存在しているということ

ってことは?
セオリーどおりに三角ラインを下抜けてすぐにエントリーするのは
かなり危険ってことなんです(^^;)

抜けたあとにリターンムーブを確認して
レジサポ逆転からのトレードほうが成功率は高いですね

また
安値を切り上げたということは
底を打ってきたという判断もできますので
当然反転上昇の可能性もあります

直近高値を上抜いてきたら
買い目線もあったほうがいいです

では
現在(8:38)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢

上の1時間足のチャートの保ち合いの値幅の半分ほどのところに
1本水平ラインを入れていますが
このラインを挟んで買いと売りが入れ替わっています
ちょっと注意すべきラインかも

5分足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
上昇圧力を内包していますので注意

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】