FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 4月13日(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは下で成立
長期(青)は高値切り下げなき安値更新

現在の保ち合いからさらに下げれば
高値切り下げとなるのですが
短期(緑)は安値切り上げの高値更新

下げ止まり?

でも長期(青)レベルで安値を割っているので
まだ売り目線も持っておいたほうがいいです

この保ち合いの最高値を更新するかどうかが見どころかな?

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法

MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げの高値切り下げで三角保ち合い・・・
だったのですが

保ち合いを抜け直近高値を更新し
短期(緑)レベルではリターンムーブから上昇

でもその前の長期(青)高値を更新しない限り
まだ下げてくるリスクが高いです

短期(緑)の高値を切り下げたら注意が必要

この保ち合いが手仕舞いの買いにつながるのか?
それともさらにトレンドを継続させるのか?

判断の基本は常にダウであり
高値安値に引いた水平ラインですよ(^^)

では
現在(8:18)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

というわけで
下位足から徐々に買いが優勢になってきています

でも上位足が売り優勢ということは
下位足が売り方優勢になればすぐに相場状況が変化(逆転)するということでもあります

つまり「難しい」相場です

でも買いと売りを何を基準にするのか?
これを自分なりにハッキリと
かつ相場の理にかなった基準で決めておけば
トレードは迷うことはないし難しくもありません

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】