FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 4月18日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは下で成立
長期(青)は高値切り下げから
今朝窓を開けて長期(青)レベルの直近安値を割ってきました

現在日足レベルの安値で支えられていますね

短期(緑)も高値切り下げの安値更新で下げダウ形成
というわけで売り目線です

ですが
日足レベルの「わかりやすい」安値であるため
割ってくる前に一度サポートライン上にレートが溜まるような形になってほしい・・・

いきなり割ってこられると
損切りが遠くなりエントリーしづらいので(^^;)

そして注意しなければならないのが
日足レベルの安値ということで
急激な手仕舞いの買いが入るかもしれないということ

下位足で安値切り上げ等があれば
そのネックライン越えからいっきに上昇に転じることがありますので(^^)

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法

MACDルールは下で成立
長期(青)は高値切り下げの安値更新で下げダウ継続

短期(緑)も下げダウ中ですが
日足レベルの安値にサポートされて止まりました

この後
安値切り上げ等の動きがあれば
とりあえず下げ止まって上昇に転じてくる可能性があるので注意

反転せずにレートがライン際で溜まり
その後下抜けた場合は当然売り目線

その溜まった値動き(ボックス)の上値が損切りラインとなるため
リスクを限定した状態で追いかけることができます

その安値割れを
「どの時間が認識しているか?」ということに注意しながら利を伸ばすとついていきやすい

では
現在(8:39)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢

5分足も同じく~

ですが上位足のわかりやすいサポートライン上であるため
下位足レベルであってもトレンドの反転からいっきに上昇することもあるので
注意が必要です

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】