FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 5月6日(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは下で成立
長期(青)は高値切り下げなき安値更新でしたが
ここで短期(緑)が下げダウを築き
高値切り下げをほぼ確定させてきました

その短期(緑)は
上昇ダウだったのが高値を切り下げ
わずかに安値を更新中

でもその前の安値ラインに
それ以上の下げを阻まれています

下位足での下げ止まりを確認したら
買っていくことも考慮しておく必要がありそうです

もちろん
現在サポートとなっているラインを割った場合は売り優勢

でも長期(青)レベルの安値が存在しているし
日足レベルでもサポートされているので
とりあえず目標値はそこらへんまで

目標値っていっても
必ず到達しないといけないものではなく
その前に下位足でのトレンド転換があればサクッと撤退

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法

MACDルールは下で成立しつつあります
長期(青)も高値切り下げの安値更新

だけど
その前の安値ラインでサポートされています

短期(緑)の動きがわかりやすかったので
昨日の下げは獲りやすかったと思います

長期(青)で高値切り下げポイントで
短期(緑)で高値切り下げの安値更新

そしてそれが
日足レベルの下げトレンドの中で行われた動きなので
鉄板と言ってもいいですね

現在サポートラインで止まっていますが
ここで小さくでも安値を切り上げた場合
その後の高値更新で買われていくこともありそう

なぜなら日足レベルで下げ止まり感があるから

でもレートがサポートライン付近に溜まった状態から下抜けたら
いっきに日足レベルのサポートにまで到達するかも?

では
現在(8:36)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢

昨日
短期の損益分岐点を割ってきたら~
というような話をしたような気がしますが(笑

割ってきて下げました

5分足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
短期的に買い転換が近付いていますので注意

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】