FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 動画解説 5月23日(月)

ユーロ円 動画解説 5月23日(月)

4時間足の現在の状況

Snip20160523_1

日足レベルだと安値を更新せずに切り上げてきたので、
下げ止まった可能性が高い。
ただし下落に対するトレンドラインは超えていない状態なので、
買っていきやすい環境ではない。
ちなみに加速したトレンドラインを少し超えて戻してきたので、
下位足で反発すればそこから買っていく事は可能。
(動画解説時のチャートは日曜なので画像のチャートでは少し割ってしまっている)

上げた場合の目標値    レジサポ③もしくはトレンドライン
下げた場合の目標値    レジサポ⑥(短いオレンジラインの前回安値にも注意)

1のポイント

下げた場合の目標値。
ただしネックラインとなるオレンジの水平線で
跳ね返る可能性も十分に考えられるので注意が必要。

2のポイント

トレンドラインに対してこういう動きがあれば買っていきやすい。
その場合はレジサポ4に注意。

1時間足の現在の状況

Snip20160523_2

1時間足で見ると完全にレンジ相場。
(中長期のMAが近くに有り水平気味という事は、
 中期から長期にかけて平均値が変わっていないと言う事。)
大きく取っていくには上下の1か6ぐらいのレジサポを超えてくれないと難しい。
レンジ内にいる間でトレードしていくのであれば、
下位足で買いと売り、どちらも狙っていきたい。
※下位足と言っても1時間レベルのレジサポラインに絡んだ所

1のポイント

過去レートでも何度もわかりやすく抵抗になっているライン。
下げた場合はここを目標値にし、さらに割った場合は長時間保有できる可能性も。

2のポイント

現在下げ止まっているポイント。
ここで反転してくるか割ってくるかで攻め方が変わる。

今後の攻め方や注意点

現在のレートは長期足で見ても方向感がない所。
なのでスイングトレード等は難しい。
しかしデイトレレベルであれば値幅もあるので、
1時間足等でわかりやすい節目に絡んだ押し目や戻り目を
下位足で拾っていく。そしてその場合は欲張らずに目標値決済。
というトレードが安全かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】