FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 動画解説 7月11日(月)

ユーロ円 動画解説 7月11日(月)

4時間足の現在の状況

Snip20160711_1

長期的な目線は移動平均線やダウを考慮すると下げだが、
短期的に切り上げらしき動きがあるので下げへの追随はレジサポ6を割らないと難しい。
かといって反転を確定したわけでもないので、
安全にいくのであればレジサポ5か6どちらかに抜けるまでは待つのもあり。

上げた場合の目標値    レジサポ5
下げた場合の目標値    レジサポ7

1のポイント

短期的に下げ止まったポイント。
ここから短期高値(赤ライン)を超えればダブルボトムが確定するので、
一気に戻す可能性があるので注意。

1時間足の現在の状況

Snip20160711_2

1時間足は長期的には下げだが短期的には反転してきている。
このまま中期MAも反転すれば長期反転の可能性が高くなりそう。
ただし環境としては売り環境なので安全に買っていくにはレジサポ3を超えてから。

1のポイント

長期的にも短期的にもダブルボトムの形を築いている。
短期の方は安値切り上げ高値更新なので反転確定。
長期はこのままレジサポ3を超えれば確定する。

今後の攻め方や注意点

1時間足は反転してきているので買っていくことも可能な環境になっているが、
レジサポ3を超えるまでは下げる可能性も十分あるので、
戦略としてはレジサポ3まではスキャルや短期のデイトレで
トレードを考えていきたい所。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】