FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 6/5(金)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!
最近、気が付いたらなるべく逆手の左手で
マウスを扱うようにしています。
(食べる時も左手を使う)
右肩が痛いのと
左手が思うように動かないのが面白い。。。
さすがに決済の成行注文は右手です(^^)

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0605@
【4時間足】↑上昇傾向(方向と心理は微妙に一致)
長期ダウ(青紫)上げダウ継続
短期ダウ(緑)も上げダウ継続です
20MA(青紫)上向き(日足も上向きです)
BB(ボリンジャー)は勢いはなし(日足は減速してます。ただ週足はエクスパンション)
GBPJPYproH1 0605@
【1時間足】↑上昇傾向だが弱含み(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)は上げダウ継続
短期ダウ(緑)は上げダウ継続です
20MA(青紫)は上向きです
BB(ボリンジャー)勢いはないですがボラはしっかりありますね

=売買勢力=
4時間足長短とも買い方優勢
1時間足長短とも買い方優勢
現在(8:33)5分足長期買い方優勢で短期が売り方優勢
短期が買い方優勢になると面白い

デイトレ
*買い仮説*
現在1時間足の押し目地点、
短期節目にも支えられていますね。
5分足短期損益分岐点(191.30付近)を超えてくると
上値を試す可能性が高くなります。
上値まずは前日高値

*売り仮説*
190.80付近に節目があるので
そこをしっかり下回って売り準備
1時間20MAの傾きには注意
下値は各所に節目があるので注意
190.00長期のサポーライン有り

指標発表⇒21:30 雇用統計 要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】