FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 動画解説 10月5日(水)

ユーロ円 動画解説 10月5日(水)

~4時間足の現在の状況~

Snip20161005_5

各移動平均線は長期下げ、中期以下は上昇一致。
ダウは安値切り上げ高値更新中。

なので目線としては買い目線です。
ただし昨日の急上昇で移動平均線から乖離が大きくなっているので、
トレードするのは一度戻しが入ってからが安全かと思います。

またレート自体もレジサポ2に到達しており、
長期移動平均線も下げているので急落も考慮しておいたほうが良さそうです。

1のポイント

前回の下げ起点となる高値ライン。
ここを超えずに下位足が反転してくると一気に下げる可能性もあるので注意。

~1時間足の現在の状況~

Snip20161005_6

各移動平均線は並び方向ともに上昇一致。
ダウも上昇ダウを継続中なので1時間足も買い目線。

ただしレジサポ1が4時間足でもわかるラインなので、
ここを超えずに反転があれば一旦手仕舞いが入る可能性が高いです。

その際の目標値としてはレジサポ2辺りとなります。
ただし王道としては買い圧力があるなかの手仕舞い狙いはリスクもあるので
そこは見逃してレジサポ2付近からの上昇押し目を拾うトレード待ちが一番いいシナリオですね^^

1のポイント

手仕舞いを狙いやすい理想的なパターン。
ただし損切りを引き上げやすい明確な安値がまだないので、
すぐにレートが下げれば難しいトレードになりそう。
2〜3回ぐらい支えられてからしか取りにいかないと決めてしまうのも一つ。

~全体的な見解~

全体的に買いが強い相場なので押し目を狙っていきたいところですが、
上昇途中にラインも多々あるので注意したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】