FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 動画解説 10月19日(水)

ユーロ円 動画解説 10月19日(水)

~4時間足の現在の状況~

Snip20161019_1

現在レートは各移動平均線よりも下に位置してます。
なので目線としては下げ目線。

ただし日足レベルの強力なレジサポ4を完全に抜けるまでは危険。
抜けた場合も過去の安値がきれいに揃っていないので、
抜けてすぐというよりも一旦大きく抜けて戻ってきてからの戻り売りを
待つのが安全かと。

1のポイント

日足レベルからわかる重要なレジサポライン。
ここをしっかりと下抜くまではダマシからの反転急上昇もあり得るので注意。

~1時間足の現在の状況~

Snip20161019_2

各期間の移動平均線は長期上げ、中期以下下げ。
ダウは高値切り下げなき安値更新中。

そしてレートは強力なレジサポライン5に引っかかって停滞しています。
このラインを抜ければ日足レベルの大きな下げを期待出来ますが、
安値が不揃いのライン自体はきれいじゃないので大きく抜けてからの戻り目を
5分足レベルで拾っていくというのが一番安全かと思います。

1のポイント

理想的な戻り目。
◯の部分からトレードは考えたい。

~全体的な見解~

全体的に長かった持ち合いを下抜けしそうな雰囲気がでています。
ここで売りの勢力が勝てばしばらくは売り目線でわかりやすいトレードができそうです。

反対に買い勢力が勝てばまた持ち合いに戻るので、
できれば売り勝ってほしいところ。

とりあえずトレードはレジサポ5の攻防戦に決着がつくまで、
待つのが無難かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】