FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 6/10(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

そーいえば
今月で43歳(*´Д`)

でも身体はもう60歳くらい・・・

座りっぱなしのトレーダーという生活が
かなり老化を進めているような気がする(*´Д`)

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウを継続していましたが
やはり例の抵抗線に上値を抑えられました

ただの抵抗線ではなく
ラウンドナンバー(キリのいい番号)でもありますね
141.000付近で止まっています

強いですね(^^;)
でも強いだけに
もし上抜いたら・・・♪

そして上抜かなくとも
これ以上上昇しないと相場が思った時点で
ここまでの手仕舞いがガッツリ入って下げてくるかも♪

とにかく上は抑えられ
下は支えられ
どちらかに抜けてほしいものです

それまでは短期足でちょこちょこ獲るしかありません(^^;)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期は直近高値(ピンク)は更新したのですが
昨日も書いたように
やはりその後の大きな抵抗線は上抜くことができませんでした

短期(緑)は
高値を切り下げたけど
安値切り上げとなるか?

ピンクラインを上抜いたら安値切り上げ決定ですが
そのラインで上値を抑えられたら
その後下げに転ずるかも・・・

下げた場合は
当然直近安値(ピンク)には注意

さらに下抜けたとしても
サポートライン(水色)に注意

逆に上抜いたら
その後
例の抵抗線を上抜くかも?と期待(^^)

もちろんいったん抑えられるでしょうけどね

では現在(8:41)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢

1時間足は
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には買い方エリアに再度映ってきたところ

短期の損益分岐点に支えられて
現在ちょっと上昇しています

短期(緑)の安値切り上げにつながるか??

5分足は長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
まだ下げ圧力が残っていますので注意

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】