FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 6/15(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

ここ数か月
トレードのレベルが一段上がったような気がする

9年ほど前にトレードを始めて
それから何度もこういう感覚を味わって
そのたびにレベルアップしてきたけど

まだ上達の余地があったんだと
ちょっと嬉しくトレードが楽しい今日この頃(^^♪

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールはまだ上で成立
でも長期(青)は
ダブルトップから安値割れ

けれども今は
直近安値に支えられている状態

短期(緑)も下げダウだし
このまま下抜けするのか?

ってこところでダイバージェンス発生

下げ幅が減ってきたってことですので
下げの勢いは失われつつあります

というわけで
反転上昇の可能性も高まってきました(^^;)

サポートラインが「確定」したと相場が判断したとき
下位足では跳ね上げることもありますので
どこから買いが集中してくるのかも注意しておいてください

それが下位足における
トレンドの転換だったりします(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ形成
でもサポートラインでダイバージェンスも発生

けっこうはね返したところを見ると
意外に割られたくないラインだったのかもしれないですね

再度下値を試しに行ってるようですが
短期(緑)が直近高値を更新したし
ここで安値を切り上げたらさらに上昇しそうです

さて
安値を切り上を確定するのは?

トレンドフォローにおけるトレード手法なんてのは
こういったことを自分なりに
でも「相場の本質に沿って」決定する
ただそれだけなんです(^^)

では現在(8:36)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
ついに短期的には売り方が優勢となりつつあります

私がスイングでポジっていたとしたら
いったん手仕舞いですね

1時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢で
5分足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢です

上位足が買いとも売りとも言えず
下位足は売り優勢で
でもサポートラインに支えられてダイバージェンス

うーん。。。
手を出しづらいので
しばらくスキャル専門かな(^^;)

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】