FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 6/19(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ継続
そして短期(緑)も上昇ダウですね

昨日の朝
レジスタンスラインを上抜いて上昇傾向となりましたが
やはりこれもお伝えしていたように
直近高値ピタリで戻されてしまいました

これを抜けてくることがあれば
次は抵抗線(水色)が控えていますので
そこで再度はね返される可能性は高いです

さらに抜けても
その上に直近?高値が存在します(かなりさかのぼってください)

また
ここらで上昇をやめた場合
つまりどこかの抵抗線で負けた場合
当然その後は下げてくることになります

下げてきたら
今度はこれまで越えてきたラインや
直近安値に注意しつつ
どこに大きな注文が入っているかを意識しておきましょう(^^)

大きな注文のポイントは
「意識」と「時間」です

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ
短期(緑)も上昇ダウ

つまり買い目線

でも抵抗線に引っかかりまくりですね
狭いところにたくさんラインが存在すると
当然相場は荒れます
トレードするには不向きとなります

さて越えてくるのか
それともはね返されるのか
それは神のみぞ知る

我々トレーダーは
ただ現実に粛々と対応するのみです

その対応ってやつ
いったいどこでどう対応したらいいの?ってことになりますが
その際に意識すべきが相場の「節目」です

トレードはこの「節目」を意識できているかどうか
そして使いこなせているかどうかで大きく変わります
ぜひ「節目マスター」になってください

では現在(8:39)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢
昨日短期的にも買い方が優勢となり
いったん戻しかけましたが
ちゃんと短期的な損益分岐点で支えられました

つまり昨日の安値は
けっこう重要なラインとなる可能性があります

1時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢となっています

再度買い方優勢となるかどうかで
相場環境はかなり変わってきます

5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢

上位足は買いがまだ強いので
5分足もこの後買い方優勢となる可能性はありますが
しばらくはイヤな相場環境が続きそうです

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】