FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 6/25(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

昨日
大阪のラーメン屋にカバン(財布入り)を忘れまして
神戸のほうの自宅に帰ってから気が付いて
焦りまくって再度大阪のラーメン屋へ・・・・(高速も使って40分くらいの距離)

ありましたよ(^^;)
ちゃんとそのままそこに
素晴らしい国です(^^;)

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは崩れてきました
長期(青)もダブルトップから直近安値割れ

短期(緑)も同じく
高値切り下げで直近安値割れ

下げに転じてきたか?

ただ
まだサポートラインがかなり強固に支えているため
やはり下抜いてくるまでは
長めのポジションをとることはできません

また
上下をレジスタンラインとサポートラインで挟まれているため
このまましばらくレンジになっていく可能性もありますし
その後レジスタンスラインを上抜いてさらに上昇してくかもしれません

徐々に上値は下げているけど
安値はわずかに切り上げつつあるレンジなので
この後の予測は難しいですね(^^)

基本は抜けるまで待つ
抜ける理由や反発する理由が強いところまで待つ(←これ重要)

【ユーロ/円】1時間足

height=”238″ border=”0″ />

MACDルールは崩れています
というか
下での成立が近付いています

長期(青)は直近安値は割ってきたのですが
このまま高値も切り下げとなるか?

短期(緑)は
長期高値切り下げポイントでダブルトップ
つまり上に行きたくないという意志表示をしてきました

しかし
その後短期(緑)は安値を切り上げ
まだ下げたくないという意志表示(笑

というわけで私から言えることは
どちらかに抜ける(ダウを築く)まで待ったほうがいいですよってこと(^^;)

それくらいダウって重要なんです

では現在(8:34)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢
短期的には売り方が優勢
トレンドラインに近づいていますし
この後どうなるかちょっと楽しみです(^^)

1時間足は長期的には売り方が優勢ですが
昨夜の戻しで短期的にはぎりぎり買い方が優勢
再度売り方優勢になるか?

5分足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢です

というか
その両者の損益分岐点が狭いところに存在していますので
抜けたあとは動く可能性が高いですね

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】