FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 6/29(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
っていうか
すごい窓空けでしたね(^^;)

週末の相場が動いていない時に
怖い決定はしないでほしい(※ユーロ圏財務相会合)

ニュース見たときにヒヤッとしたよ(^^;)

まぁ
ちゃんとトレンドを読んでいたら
4時間足トレーダーくらいまでであれば
買いポジを持っている人はいないと思うけどね(^^;)

高値切り下げから安値更新
そしてトレンドライン割れ

さらにリターンムーブによってそのトレンドラインを確定させて
その前に抵抗線も一度割っていたわけですから
ロングで持っている理由がありません

そして日足レベルであれば
まだ上昇トレンド継続

【ユーロ/円】1時間足

height=”238″ border=”0″ />

MACDルールがいきなり下で成立(笑
長期(青)は下げダウでした

でも短期(緑)は
窓空けの前に高値更新で安値切り上げ

いったん下げ止まり感を出していたにもかかわらずこの下げ
かなりイヤです(^^;)

さて
この後のシナリオですが
ちょっと立てにくいです

欧州勢が入ってきて多くの資金が動くようになってから
再度考え直したいところ

下げたから戻しを獲るでぇ~~とか
値幅が広いからガンガンスキャルでぇ~とか
こういう考え方はちょっと危険なので
私は推奨しません(^^;)

ただこの下げ
1か月ほど前に4時間足レベルで反転上昇をほぼ確定させたポイントまで下げています

つまりそこから買っていたトレーダーの損失確定の売りは
ひと息ついたかも?

では現在(8:35)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢で
当然1時間足も同じ

5分足も圧倒的に売り方が優勢ですね

というわけで売り目線(^^;)
っていうか
落ち着くまで私は待つことにします

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】