FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 7/1(水)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

今日は久しぶりの野球観戦。
早い時間にトレンドが出て
ササッとトレードが終わればな~なんて。。。
思っきり甘い気持ちを抱いています(^^)

でも相場分析は丁寧に集中してやりますとも!

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0701@
【4時間足】↓下降傾向(方向と心理は一致)
長期ダウ(青紫)は下げダウ継続です
短期ダウ(緑)は判断しづらい状況ですね
方向感がない状態で
まずは高値を切り下げるかを注目です
20MA(青紫)は下向きで(日足は横ばいです)
BB(ボリンジャー)は勢いはないですがボラティリティーは
しっかりあるので下位足でスクィーズするとチャンス有り
(日足は勢いなし)
GBPJPYproH1 0701@
【1時間足】↓下降傾向(方向と心理は一致)
長期ダウ(青紫)は方向が乏しい持ち合い状況ですね
短期ダウ(緑)も持ち合いで昨日の高安➀と➂を抜けるまで
わかりづらい状況です
20MA(青紫)は下向きでストキャスも下向き
BB(ボリンジャー)は勢いなし

=売買勢力=
4時間足長短とも売り方優勢
1時間足長短とも売り方優勢
現在(8:41)も長短とも売り方優勢

デイトレ
*買い仮説*
1時間足ピンクライン➀を抜けて
リターンムーブで買い準備
もしくは早めでリスクを把握して➁を抜けて
リターンムーブで買い準備
その時の上値は➀

*売り仮説*
現状は短期で売り方優勢状態です
5分足が短期で買い方優勢になるの待ち
そこから再度売り方優勢になるのを見ていきたいですね
それか1時間足ピンクライン➂を下回り
リターンムーブしで売り準備
こちらのほうが安全策

指標発表⇒17:30 18:30 23:00 要注意 21:15 注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】