FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 7/21(火)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

昨日は大人しい月曜日になりました。。。
雨も降ってきてビーチトレードとはいかず
のんびり喫茶店で
かみさんに勧められた本を読みふけていました。
決して自ら進んで読む本ではなかったので
なるべく素直な気持ちで読むよう意識しました。

まあ~違和感が残りましたが
この気持ちが良いのかもしれませんね
また選んでもらいま~す(^^)

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0721@
【4時間足】⇒持ち合い傾向(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)は安値切り上げなき高値更新なので
急な下げには注意です
短期ダウ(緑)はダイバージェンスから安値更新し方向感が乏しい
20MA(青紫)は横ばいで日足は下向き
BB(ボリンジャー)勢いはないですね日足は収束へ
GBPJPYproH1 0721@
【1時間足】⇒持ち合い傾向(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)は高値切り下げなき安値更新から方向感をなくしています
短期ダウ(緑)は持ち合い状態で方向感がない状態ですね
20MA(青紫)は横ばい
BB(ボリンジャー)は勢いは全くない状態です

☆4時間足1時間足がこのような状態なので
せめて昨日の高安を抜けるまで待機ですね

=売買勢力=
4時間足長短とも買い方優勢
1時間足も同じく長短とも買い方優勢
この長短が狭く寄っている状態で
レートがいるので売り方買い方が拮抗しています
現在(8:31)5分足は長短とも売り方優勢

デイトレ
*買い仮説*
せめて前日高値を越えるまで待ちたいし
勢いなども確認して準備したいです
もしくは1時間足ピンクライン➀を上抜き反転待ち
上値は日足の直近高値

*売り仮説*
こちらも前日安値を下回るか
1時間足ピンクライン➁を下回り反転待ち
下値はチャート左側いくつか見受けられる
上昇起点などを目安

指標発表⇒特になし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】