FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 7/31(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

週末の月末ですね(^^)
ポジション整理の動きに注意

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは上で成立しつつありますが
長期(青)が高値を更新しません(^^;)

前回の高安値の間で動き続けていますね

安値の切り上げ
そして高値の更新
キライです

日足がヘッド&ショルダーズ(三尊)を築きつつあるのもイヤだ
ネックラインを割ったら下げてきそう・・・

ということは上値は重いか?

移動平均線の並びでいえば
週足日足4時間足と上昇並びなので
もうしばらくは買い目線を継続させつつ
現在サポートとなっているピンクラインを割ってくるかどうかにも注目です

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは崩れ去りました
長期(青)も高値を切り下げ
そして安値更新です

短期(緑)は
高値更新からいっきに安値を割ってきました

急な戻しあるかな?とも思うのですが
昨夜割ってきたサポートラインくらいまでか?

そこから再度下げてきたら
今度はリターンムーブの下げが期待できます

でもわかりやすい安値の延長上で支えられていますので
ここで短期足の安値切り上げからネックライン越えがあれば
その後上昇に転ずる可能性もあります

「待ち」と「攻め」がわかりやすい相場ですね(^^)

では現在(8:40)の相場状況です

4時間足は
長短の損益分岐点の間が非常に狭まり
しかもレートはその間に存在します

イヤな状況とも言えるし
今後大きく動く前兆と捉えることもできます(^^)

1時間足は
長期的にも短期的にの売り方が優勢

5分足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

つまり
4時間足では動きがない
そして動き出す前兆が見られますが

動くとしたら下げ方向のほうがスムーズであると言えます。
(※下げるってことではないですよ。下げたら・・・の場合です)

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】