FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 8/7(金)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

映画をよく見るのですが
好きな映画のひとつに「ラスベガスをぶっつぶせ」
というブラックジャックを攻略する映画あります。
これが結構「トレードの考え」に近いですよ。。
今週末、トレード仲間とこの映画について
話し合うので楽しみです(^^)
(みなさんにとって参考になるような話になれば記事にしますね)

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0807@
【4時間足】⇒持ち合い傾向(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)はダイバージェンスを起こしているが
安値を更新していないので上げダウ継続
短期ダウ(緑)は高値切り下げなき安値更新ですね
20MA(青紫)は横ばいで日足は上向きです
BB(ボリンジャー)は勢いはありませんがボラティリティーはあるので
下位足で収束すると少し大きく動く可能性はありますね
日足も勢いはありません
GBPJPYproH1 0807@
【1時間足】↓下降傾向(方向と心理は一致)
長期ダウ(青紫)は高値切り下げなき安値更新で
急な上昇には注意が必要です
短期ダウ(緑)も同じく
20MA(青紫)は下向き
BB(ボリンジャー)はエクスパンションから減速へ

=売買勢力=
4時間足長短とも買い方優勢
1時間足長短とも売り方優勢
現在(8:31)5分足長期売り方優勢で
短期が買い方優勢になりました

☆簡単ではない相場ですね
主要な節目を抜けるまで待ちです

デイトレ
*買い仮説*
昨日の下落に対する戻りねらい
1時間足の水色ラインを上回ると
1時間足ピンクライン➀付近まで可能性はある
ただ1時間足20MAは下を向いているので注意
早めの決済で対処。
もしくは1時間足ピンクライン➀を
しっかり上抜ければ買いやすくなります

*売り仮説*
1時間足レベル(20MA付近)の戻り待ち
もしくはピンクライン➁を下抜けしてから
の反転狙い
下値は1時間足ピンクライン➂付近

指標発表⇒昼過ぎ 15:30 21:30(雇用統計)要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】