FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 9/17(木)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

昨日は上位足に逆らう急上昇!
時たま見かけますよね

売り方の手仕舞いが入りながら
そして「もうそろそろ」的な短期的な逆張り系が
エネルギー(新規売りが降参)になり
上昇していくパーターンでもあります

このようなイメージがあると上昇の途中からでも
参加できるのではないでしょうか(^^)

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0917@
【4時間足】↑上昇傾向(方向と心理は一致)
長期ダウ(青紫)は高値を更新すれば上げダウへ
短期ダウ(緑)は安値切り下げなき高値更新で
しばらくしての急な下落(調整)には注意。

20MA(青紫)は上向きで日足は下向きですが
少しずつ横ばい気味になりかけています
BB(ボリンジャー)はエクスパンションで日足は収束へ
GBPJPYproH1 0917@
【1時間足】↑上昇傾向(方向と心理は不一致ですが4時間足に波及)
長期ダウ(青紫)は安値切り下げなき高値更新
短期ダウ(緑)は上げダウ中
20MA(青紫)は上向き
BB(ボリンジャー)はエクスパンションから
減速していまが4時間足に波及

=売買勢力=
4時間足長期売り方優勢で短期が買い方優勢
1時間足長短買い方優勢
現在(8:37)5分足長期買い優勢で短期が売り優勢

☆短期的には5分足で買い優勢になれば買いやすいですが
4時間足長期がアタマを抑えている状況にあるので注意

デイトレ
*買い仮説*
買い目線ではありますが昨日からの上昇で
上値の利幅も期待できないので
まずはスキャルレベルでの買い
もしくは1時間足レベルの押し待ち
上値は先週の高値付近

*売り仮説*
今は静観ですが
昨日の上昇の手仕舞いが
時間をかけながら入る可能性があるので
1時間足ピンクライン➂をしっかり下回りかつ
1時足20MAの傾きを考慮もしくは
1時間足短期ダウの確認
下値は1時間足ピンクライン➁付近

指標発表⇒15:35 17:30 21:30 23:00 27:00 27:30 要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】