FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 9月28日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立・・・が崩れてつつあります
長期(青)は高値更新から安値割れ

というわけで高値切り下げ待ちですが
ダブルトップのネックラインをちょっと上に越えてきましたね

反転下落待ちがちょいと怪しくなってきました

とは言っても
日足レベルではまだ下げ相場の中にあるので
ちょっとした戻しである可能性も高く
安易にガンガン買っていけるところでもありません

また
上昇したとしても
上位足が下げていること
週足MA(水色)の下にあり
日足MA(赤)の下にもあり
でも4時間足は上を向いており・・・・

という状態なので
買うのはやっぱり難しい相場になりがち

かといって売っていくには
短期(緑)で上昇ダウを形成しているので
これまた難しい

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ

短期は記入していませんが
ぐちゃぐちゃですね
下位足では方向が安定していないってことです

4時間足に「勢い」が波及することもほとんどなく
1時間足の上昇「勢い」は収束
トレンドに勢いがありません

この時間足だけ見る限りではとりあえず上昇ですが
日足が下げトレンド中で
4時間足が安値切り上げ中なので
1時間足がどこまで継続するかが不透明

というわけで
個人的には下げにトレンド転換してくれるほうが嬉しい

その場合は
ダウやネックラインに注意しつつ
トレンド転換から獲っていけば問題なし

買っていく場合はそのままですが
節目やタイミングが難しいかも

私ならもう少し下げたところで
さらに下位足でトレンドを上昇転換することがあれば
そこから買っていきますね(^^)

では現在(8:40)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

この時点で何かがアウトだ(笑

そして5分足は
上位足の仲違いを表しているかのように
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢で方向感なし

というわけで
見た目よりも難しい相場となるかもしれません

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】