FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロドル テクニカル解説 10月5日(月)

From:シュウ(維新の介の弟子)


おはようございます(^^)

先週の金曜日に雇用統計がありましたね^^
個人的には下に行ってほしかったのですが、
やっぱり日足レベルの抵抗は強かった・・・(`・ω・´)笑

ではさっそく今日の相場解説です^^

4時間足

Snip20151005_1

長期ダウ(青)は高値切り下げ、安値切り上げ中。
短期ダウ(緑)は安値切り上げ高値更新中。

MACDルールは不成立。

先週末の雇用統計で大きく動きましたが、
日足損益分岐ライン(オレンジライン)は抜けず、
反発上昇してきました。

上昇の場合でもしっかりレジサポライン(ピンクライン)を超えて、
押し目を作ってくれてればとりに行けますが、
少し超えて再度持ち合いのゾーンに戻ってきました。

個人的にはどちらかにしっかりと抜けるまでは、
待ちたいと思います(´Д`)

1時間足

Snip20151005_2

長期ダウ(青)は安値切り上げ高値更新中。
短期ダウ(緑)も安値切り上げ高値更新中。

長短のダウは上昇一致で、
MACDルールは上で成立。

一応買い相場ですが、
上位足を見ると持ち合い内にレートはあるので
買っていくのは少しリスクが高い相場です。

ここからしっかり短期前回高値を超えてくれば、
上位足のレンジを抜ける事になるので、
それまでは少し様子を見たいですね。

現在の相場状況(7:44)

4時間足は長期的には売り優勢、
短期的には買い優勢。

1時間足は長短ともに売り優勢。

5分足も長短ともに売り優勢。

このまま4時間足の短期が売り優勢になれば、
売り相場になりそうですが、
ただ現状は上位足のレンジ内にレートがあり抵抗となるラインも
蔓延っているので注意(´Д`)

ではでは~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】