FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 10月5日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールはなんとか下で成立しているので
この大きな三角保ち合いは
下抜けてくれると嬉しいですね(^^;)

長期(青)は下げダウを築いていますので
ホント今のうちに下抜けて~(笑

でも短期(緑)は高値更新しているので
安値切り上げ待ち

この時点で相場はもう・・ね・・・(^^;)

三角の頂点に近づけば近づくほど
トレードは難しくなる

だけど
抜けたときの値幅も期待できる

大切なのは「ダマシ」に引っかからないこと

ちゃんと高安値を意識しておくと
ダマシには引っかかりにくいですよ

基本はとにかく「ダウ」です(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ

短期(緑)も安値の切り上げはありませんでしたが
高値は更新しています

現在高値は
上昇トレンドラインに対してのリターンムーブと
下げトレンドラインにタッチということで
頭をおさえられています

反転下げの優位性が高まるポイントでもありますね

これで下位足(5分足程度)で
下げ転換の形を築けばちょっと売っていけるかな?

ただ上位足の方向性が・・・(笑

あまり焦ってトレードするところでもないかもですね(^^;)

では現在(8:36)の相場状況です

4時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

あぁ・・・この時点でちょっと萎える(*´Д`)

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢
上昇ダウを築いているので当然ですね

5分足は
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢となっています

今後長期的にも売り方が優勢となってきたら
トレンドラインからの反転下落につながる可能性が高いので注意

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】