FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 10月27日(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)はきれいな下げダウ形成

ただ
短期(緑)は高値切り下げなき急な下げでした

先週末は少し前の安値に止められ
昨日はそのさらに前の安値に止められています

日足レベルで三角保ち合いは抜けてきましたが
その日足レベルの直近安値を割ってこない限りは
素直に下げてきませんので注意が必要

とは言っても
まだ下げダウ中のため目線は売りです

下位足で上昇トレンド転換の形にならない限りは
買っていくのはリスクが高いですね

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは下で成立ですが
徐々に崩れつつあります

長期(青)は高値切り下げなき安値更新でしたが
短期(緑)は
ヘッド&ショルダーズからの
教科書のようにきれいな反転下落

ちなみにヘッド&ショルダーズ(三尊)は
ダブルトップより見つけにくいので慣れが必要

その短期ですが
安値は更新し続けていますが
直近高値を更新してしまいました

というわけで
下げはいったん終了

この後レートが
1時間足の移動平均線(青)上で反転上昇なんてすれば
デイトレスキャルレベルですが獲りにいきやすいですね

ただし
レートが上昇したときに
まだ4時間足のMA(赤)が下降していたら
下位足の下げ確定から再度下げてくる可能性があるので注意

もちろん
昨夜の安値を越えてきたら
さらに売り目線続行

これで「買う」「売る」「待つ」場合の
シナリオ分けができました

朝イチでこれをやっておくと
トレードが楽になります(^^)

では現在(8:35)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

つまり上位足は売りで
下位足は買い
真ん中は悩んでる

どちらかに決着をつけてくれないと
トレードしづらいですね(^^;)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】