FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 10月28日(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ
そして短期(緑)も下げダウを築いています

日足三角保ち合いを下抜けてきて
直近安値も割ってきたので
下に方向を決めつつありますね

でももうひとつ安値(日足レベル)が存在するので注意

昨日はもう少し戻してからの下落になるかな?とイメージしていたのですが
5分足でわかりやすいトレンド反転の形から下落スタートでした

安値も割ったし
長短ともに下げダウなので売り目線ではあるのですが
前半に比べて下げ角度が甘くなっているので
下位足でのトレンド終了のサインには注意が必要です

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールはまだ下で成立
長期(青)は下げダウ形成

短期(緑)は
高値更新からいっきに下げてきたので
少々獲りづらかったかもしれませんが
5分足を見ると露骨にトレンド反転&下げ確定の形を作っているので
昨日の下げの前半くらいは獲れたのでは?(動画ではエントリーポイントまで伝えていたし)

長期MACDではダイバージェンス気味
そろそろ下げも終わりか?

でもまだ下げダウ中なので
当然安値更新には注意

4時間足の下げ「勢い」が完全に収束していることも考えると
下位足でトレンドの終了からトレンド転換があれば
ほぼ完全に終了と見ていいかな?

とはいっても
上位足で下げを確定しつつあるので
再度下げ方向への動きが出始めたら
やはりもう一度売りを考えていきたいところ

その際トレードする「時間軸」を間違えないように(^^)

どの時間軸の戻り目をなのかを考えておかないと
1時間足の戻り目で
1分足で何度も売ろうとしていたら
損切りばっかりになりますよ

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】