FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 10月29日(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウ継続

というわけで
テクニカル的には下げ継続で全然OKなんですが
昨夜の下げ(笑
寝てたから全然知りませんでした(^^;)

あれを獲りにいくのはちとキビシイ

まぁいいや
とりあえず大切なのは「下げた」ということと
下げトレンドが継続しているという事実だけ

やはり日足レベルの三角保ち合いを抜けてくると
値幅が増えてきますね

その日足レベルの少し前の安値と
だいぶ前のトレンド転換時のネックラインの延長上
ここらへんでレートは支えられているようです

跳ね返るか
さらに下抜けてくるか

何をもって跳ね返ったとするのか
何をもって下抜けとするのか

ここらへんを考えておくと
相場環境の把握という戦略に対して
どのように行動するかの戦術が決まります(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続
だけど下げ幅が減っていたし
派手にダイバージェンスだし
そろそろ下げも終わり?と思わせたところからの下げ

まぁ要人発表か指標だとは思いますが
そこはあまり興味がない

長期がダイバージェンスのところから
短期(緑)もダイバージェンス

さらにレジサポ逆転していたラインを再度上回って
明らかに買い方優勢となっていたのですが・・・
強引に安値を割ってきて下げ継続となりました

ここでさらに短期高値切り下げがあれば
まだ下げ継続してくる可能性があるので注意

その際は
4時間足日足レベルの節目を意識しておいてください

節目付近にレートが溜まって
そこから反転してきたらすぐ手仕舞い

レートが溜まった状態から
そのままラインを割ってきたら追随

では現在(8:38)の相場状況です

といっても
4時間足、1時間足、5分足
全て長期的にも短期的にも売り方が優勢です

逆にしっかりとした戻り目をつけてくれないと
ちょっと売りにくいですね(^^;)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】