FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 10月30日(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続

短期(緑)も
いったん反転上昇かな?と思わせながら
下げ継続

日足レベルのネックラインの延長上に到達したけど
果たしてどうなるか・・・

ダウが継続している以上
とりあえず売り目線
下位足の反転の兆しは見逃さないように

下げきることなく
主要な節目で止まって
さらに下位足で反転があれば
その後安値切り上げからの上昇に転ずる可能性も考慮しておいたほうがいいでしょう

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは崩れてきました
長期(青)は下げダウを築いていますが
短期(緑)は上昇ダウ(少々判断に悩みますが・・・)

長期(青)が下げトレンドである以上
反転下落の戻り目ポイントを探すのがまず第一の仕事

次に
それがどこまで下げるのか?
どこまで下げたら良しとするのか?
どのラインからの下位足の反転ならば
買い目線に移るのか
そういうことを考えるのが「トレードのシナリオ」ってこと

この局面では
売りポイントさがしも買いポイントのシナリオ作りも楽しめますね(^^)

では現在(8:39)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

だけど1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢
ただしまだ売り圧力を内包

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

下位足から徐々に買いが入っていってますが
まだ上値は重いので
一度下げてからの反転上昇なら買いだし
その前に下げる可能性もある
そんな相場です

とりあえず
5分足レベルで転換があるのか上昇継続するのかを
しっかりと見定めてやる必要があります

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】