FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 11月11日(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は
ゆるやかながら下げダウ形成

短期(緑)は・・・
アッチ行ったりコッチ行ったりしてますね
いよいよ方向感がなくなってきた(^^;)

デイトレでも
かなり引きつけないと難しい相場だと思います

ただ
まだ下げダウなので目線は売り
下げている以上いきなり下げてくることもあるので注意

日足レベルで見ると
あまり大きな反発はないため
下げ途中の単なる戻り目を築いているだけのようにも見えるので
この保ち合いの最安値ラインは重要
抜けたら急落可能性ありです

だけど
下げトレンドの終了も近くなってきたとみて
1時間足で底確定の動きをすれば
そこからは買っていくことができます

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは・・・
微妙すぎてわからん(^^;)

長期(青)の方向性はめちゃくちゃ
でも短期(緑)は下げダウを築いています

移動平均線も下げ下げである以上
目線は売りです

だけど
先日からずっと日足レベルのサポートラインに引っかかっていますので
反発上昇の可能性は捨てられません

下抜いてくれたほうが獲りやすいのですが
買いも視野に入れておいたほうがいいですね(^^;)

ただし買っていけるのは
明確なトレンド転換を築いてから

では現在(8:36)の相場状況です

日足は売り方優勢(↓)
4時間足も売り方優勢(↓)
1時間足も売り方優勢(↓)
15分足も売り方優勢(↓)
5分足は買い方優勢(↑)

というわけで
5分足が下げてきたら売りを考えていくわけです

買いたくとも
移動平均線が上位足から全部下げているのであれば
トレンドフォローではなくなりますので
いくら上昇してもグッと我慢(笑

移動平均線に逆らってもいいのは
ある程度上位足であきらかなトレンドの転換のチャートパターンを作ったときだけ(^^)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】