FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 11月13日(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールはまだ下で成立していますが
短期MACDは底を切り上げ続けています

トリプルボトム完成か?

それも結局
ボックスを上抜かないと確定しないんですよね

このまま下抜けたら
ただ上位足の下げ途中の戻り目にすぎないわけです

短期(緑)は安値を更新しましたが
高値も更新

トレードするにはなかなか厳しいところ

いつも言っているように
抜けてくるまで待つってやつですね

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は安値更新
そして安値切り上げなき高値更新

っていうか
1時間足のチャートをパッと見ただけで
いやぁぁぁぁぁぁぁーー!!って感じ

これはかなり厳しい(^^;)

ただ「波」を追いかけたトレードをしようと思ったら
難易度高いです

そして難易度の高いところでは手を出さないのが
優れたトレーダーの条件

トレードで勝つには
明らかに「優位性」が高いところのみでトレードを繰り返す事
ただひたすらそれを継続すること

これだけですからね

難しいところを獲りにいけることが優秀なんじゃないですよ
難しいところがわかっているのならトレードしない
そして
難しいところなのか優位性があるところなのかを
きっちりと判断できることが優れたトレーダーです

つまり「相場環境」です(^^)

「買う」「売る」「待つ」

この3つにサクッと分けてしまって
それに従ってトレードしているかどうか?

こういう部分をしっかりと意識しておくと
トレードの上達は全然変わってきます

では現在(8:37)の相場状況です

日足は売り方優勢(↓)
4時間足も同じく売り方優勢(↓)
1時間足は買い方が優勢になりつつあります(↑)
でもまだ下げ圧力を内包

15分足や5分足は買い方が優勢ですね

やっと1時間足レベルで買い方が優勢になりつつありますので
場合によっては買っていけるかな?

希望は
日足レベルのサポートライン割れの売りなんですけどね(^^;)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】