FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 11月16日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は
日足レベルのサポートラインで支えられていましたが
窓開けからそのラインも割ってきました

いわゆる
ディセンディングトライアングルからの下げです

下位足(5分足レベル)で見ると
そのラインに対してのリターンムーブからさらに下げています

今後上の時間軸のレベルで同じようにリターンムーブがあれば
さらに安定して下げてくると思われます

もちろん日足レベルで意識されて売りが集中しなければ
一過性の下げ(日足レベルではダマシ)としてすぐに戻す可能性はありますので
抜け直後は上位足がついてくるかどうか?を
しっかりと見てやる必要があります

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は
高値更新からいっきに安値割れ

短期(緑)は下げダウを築きながらの安値割れですが
長期のダウが築かれていないため
いったん急な戻しが入る可能性があるので注意

痛ましい週末のテロの影響もあるかとは思いますが
テクニカル的に見ても
下抜けは妥当ですので
今後のダウが築く方向性に注意

では現在(8:35)の相場状況です(※1つ上の時間軸の20MA基準)

日足は売り方優勢(↓)
4時間足も同じく売り方優勢(↓)

というか

1分足まで全部売り方優勢(↓)

だからといって
ただどこからでも売ればいいということではないので注意

どの時間軸の戻り目から参加するのか?
その時点で
どのような形を築けば再度下げが確定するのか?

そういう部分に気を付けてトレードするようにしてください

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】