FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 11月30日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
しかしダラダラ相場ですね
チャネルラインの下限に張り付いてます(^^;)

でも長期(青)は下げダウ継続で
短期(緑)も下げダウ中

ちょっとやっかいな相場ですね

でもその下げ幅は減ってきているのd
相場は反転したがっているのかもしれません

だけどその「反転」って
それぞれの時間足で見ると
けっこう「一瞬」で起こっているのがわかると思います

こうやって下にべったり張り付いているときってのは
やはり下に行きたいとき

ディセンディングトライアングルなんかがいい例ですね

今回はちょこちょこと安値を割っているにも関わらわず
なかなか下げないので
やっぱりいつものとおり
「抜けてから考える」のがいいのかも(笑

あとは
直近高値を上抜いて
ある程度のトレンド反転が見えたときかな

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)はぎりぎり下げダウ継続です

短期(緑)は
三角保ち合いから下抜け

だけど日足レベルのサポートライン付近でやっぱり反発上昇
そして高値更新

これで安値を切り上げれば・・・

なんにしても
イヤな相場(^^;)

エントリーする手が縮こまりそう(^^;)

ちなみにですね
相場を波で捉えすぎると
こういう相場は対処できなくなって
負けを積み重ねるだけになりますよ

では現在(8:42)の相場状況です(※半値バージョン)

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には支えられて買い方が優勢

つまり方向性がない

再度短期的にも売り方が優勢となれば
少し売っていけるか?

5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

直前で高値を更新しているし(1時間足)
この短期的な損益分岐点で買い支えられて上昇するほうが
流れとしてはきれいですね(^^)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】