FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 12/10(木)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

全体的に大きく素直に動きましたね
ちなみにポンド円は
わがままでやんちゃな動きをしてくれました。。。

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 1210@
【4時間足】↓下降傾向(方向と心理は一致)

長期ダウ(青紫)は高値切り下げなき安値更新
短期ダウ(緑)は下げダウ中で急な上げ下げを繰りかえしました。
昨日NYの高安は今後のレートを支配しそうなので注目です

20MA(青紫)は下向きで日足も下向きです
BB(ボリンジャー)は「勢い」はありませんがボラティリティーは健在です
下位足で収束してくればブレイクしやすい状況になります
GBPJPYproH1 1210@
【1時間足】⇒持ち合い傾向も弱含み(方向と心理は不一致)

長期ダウ(青紫)は下げダウ中
短期ダウ(緑)は高値切り下げなき安値更新で方向感乏しい状態

20MA(青紫)は横ばい気味です
BB(ボリンジャー)は「勢い」はありませんが
ボラティリティーはあり
また大きく動く可能性があるので注目。

=売買勢力=
4時間足長短とも売り方優勢
1時間足長期は売り方優勢で短期が買い方優勢
現在(8:27)5分足長短とも買い方優勢

☆1時間足短期が売り優勢に回ると売りやすくなります
ただ今のところ
この「損益分岐点」にレートが溜まっていく可能性があるので
しっかり離れて行くところを狙いたいです

デイトレ
*買い仮説*
現在昨日のNY高安に支配され
ボラティリティーがある状態なので
下位足でわかりやすい節目ができるまで「待ち」状態です
その後はスキャルレベルのトレードになりそうですし
上位足が売り優勢なので注意です

*売り仮説*
今後レートを貯めていくなら
東京時間の高安などを目安に下値ブレイクなど
シナリオを立てるのも良いかもしれません

指標発表⇒18:30 注意 21:00 27:30 要注意(ポンド系)
22:30 注意(ユーロ・ドル円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】