FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 12/17(木)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

本日はFOMC後のちょっと荒れたあとの相場です
「分かりやすい節目」を描くまで
ゆっくり映画でも観ながら
くつろぎたいです(^^)

ではポンド円の相場解説です

GBPJPYproH4 1217@
【4時間足】↓下降傾向も下げ渋り(方向と心理は不一致)

長期ダウ(青紫)は下げダウ継続中

短期ダウ(緑)も下げダウです
だんだん持ち合い傾向になりつつあります

20MA(青紫)は下向きで日足も下向きです
BB(ボリンジャー)は収束中で日足も「勢い」はありません
GBPJPYproH1 1217@
【1時間足】⇒持ち合い傾向(方向と心理は不一致)

長期ダウ(青紫)は方向感がなく持ち合っています
短期ダウ(緑)も同じく安値切り上げなき高値更新で
方向感が乏しいです

20MA(青紫)は横ばいで
BB(ボリンジャー)は「勢い」なし

=売買勢力=
4時間足長短とも売り方優勢
1時間足は長期売り方優勢で短期が買い方優勢
現在(8:31)5分足長短とも買い方優勢

☆短期では買い目線で
すぐ上に1時間足長期のラインがあるので
上抜くと買いやすくはなりますね

デイトレ
*買い仮説*
時間を経ながら昨日の高値を抜くか
もしくはすぐ上に見える下降トレンドを上抜いてからが
短期的には買いやすくはなります
ただ上値は止まりやすいところが多々あるので注意しましょう

*売り仮説*
1時間足ピンクライン➀をしっかり下抜くと上位足から
足並みを揃えてくるので売りやすくなります
もしくはこのピンクライン手前で分かりやすい節目があれば
ブレイク狙いでも良いかもしれません
(時間帯も注意すると尚良いと思います)

指標発表⇒18:00 ユーロ系 18:30 ポンド系  22:30 注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】