FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 1月12日(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立ですが
下げきったあたりからは少々停滞しています

少し大きめの戻しが入らなければ
下げづらい状況ですね

長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウを継続させていますので
売り目線は継続です

ですが短期レベルの安値の切り上げが
そのまま長期レベルの安値切り上げにつながる可能性が高いので
下位足の動きには注意しておいてください

それまでは
直近安値に注意しつつの売り場探し

ただし日足の下げ「勢い」は半減しているため
直近安値を勢いよく割ってくるまでは
少々難しい相場になるかもしれません

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立ながらも
長期(青)は下げダウ

短期(緑)は
高値更新からの安値更新

移動平均線の並びは下げを示しているけれども
4時間足のMA(赤)がまだ上向きなので
少々下げづらいかもしれません

ここらで短期レベルで安値を切り上げたならば
反転上昇もあり得ま

とりあえず
わかりづらいところではトレードしないところですね

トレードとは多数決
多い方に動きます

だったらわかりやすい相場ってのは
誰もが同じような判断をする相場です

あれはこうかな?
でもここはこうだし?
だったらこうしたほうがいいのか?

なんて考えないといけない相場
解説が多く必要な相場は
結局難しい相場ってことです

楽で勝率が高く
利幅も大きいトレードをしたいのであれば
そういう相場まで待つのが一番ですね

そして
そういう相場を探すには
基本となる考え方やチャートの見かたを身に付けていなければ難しいです

では現在(8:35)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

同じく1時間足も
長期的にも短期的にも売り方が優勢

5分足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には損益分岐点上にレートが存在しています

反発してさらに下げるのか?
それとも上抜いて長短が逆になり難しい相場となるのか
そこらへんが見どころです

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】